ウガミャブラ

ふじのびんがた染工房

 


沖縄の伝統工芸びんがた とは?

日本の伝統工芸品の一つに、「びんがた」があります。

(。゜▽゜)/ 

 

  

 古の琉球王朝時代、神事に関する古式の衣装や王族の着物、 庶民の晴れ着、冊封使節を歓待する踊り衣装としても染められ、更紗や友禅の技法をも取り込みながら現在に至る『びんがた染め』は、日本を代表する染め物です。

 

技法としては、

もち米と糠粉をお水と混ぜて、蒸し上げ作る糊を防染とし、一枚の型紙を用いて、本顔料と染料を併用し多彩な染めを施す「型染め」と、「筒引き」の二つに大きく分けられます。 

 

脈々と受け継ぐ技術を用いて制作する伝統的な工芸品として、古典的な柄が染められると共に、新しき柄も染められて、広く親しまれる型染めの技法が、沖縄の伝統工芸『びんがた』です。  /ふじのびんがた染工房

fujinobingataatelier hana
ふじのびんがた染工房/営業部長

Our History

 

 当工房は、沖縄県は那覇市の紅型工房、紅型御三家の一、知念びんがた研究所にて修業後、独立させていただきました。

 

今は鬼籍の師匠曰く、

「琉球の地で修業し、染める人物は同じなのだから、何処で染めようと琉球紅型と称して良い」と。その言葉に勇気づけられ、今日に至ります。

ありがたく、びんがた職人として札幌の地でも染付けに精進して参ります。

 

 ふじのびんがた染工房

 





このホームページはジンドゥーで作成されました

ジンドゥーなら誰でも簡単にホームページを作成できます。レイアウトを選んだら、あとはクリック&タイプでコンテンツを追加するだけ。しかも無料!
ジンドゥー( jp.jimdo.com )であなただけのホームページを作成してください。